想いよひとつになれ

グランドピアノ

「ラブライブ!サンシャイン!!」が始動してから早2年。

記念すべきその始まりの日。

そして、2年目の最後の日に「Aqours First LoveLive!」が行われた。

 

ライブが終わった後、誰もが「逢田梨香子 優勝」と口にしていた。

その要因となったのが、「想いよひとつになれ」というピアノ曲だ。

そこで彼女は、正気の沙汰ではないことをやってのけた。

 

彼女が演じるのは桜内梨子。

梨子はTVアニメ劇中歌である「想いよひとつになれ」を歌っていない。

だから、何もする必要はなかったはずなのだ。

 

TVアニメで彼女はピアノを演奏していた。

沼津で歌う8人の想いを背に、東京の発表会にいた。

「想いよひとつになれ」は彼女への想いを込めて歌った歌だ。

 

横浜アリーナ。

そのライブの劇中に何故かピアノが運ばれてきた。

そこで、逢田梨香子さんはピアノを弾いていた。

「想いよひとつになれ」だ。

誰が見ても弾き慣れていない、力のこもった手だった。

それを見た観客の手により、会場はサクラピンクの光に包まれた。

彼女のイメージカラーは桜色。

みんなが彼女の気持ちに応えたのだ。

 

これは1日目の出来事だ。

2日目は少し違った。

みんな泣きながら応援していたし、彼女も泣きながら弾いていた。

彼女はその時のことを覚えていないらしい。

ただ、梨子ちゃんが弾いてくれたと言っていた。

 

彼女は梨子ちゃんになろうとしていた。

1日目が成功し、2日目は桜内梨子として演奏しようと決めていた。

「想いよひとつになれ」の前奏が始まる。

しかし、それはすぐに中断されることになる。

 

すぐにポジションを捨てて駆け寄るメンバー。

ポジションを保持し、客席を見守るメンバー。

曲の再生を止めるスタッフ。

梨香子コールをする観客。

みんなの想いがひとつになった瞬間だった。

会場が完全な桜色に染まった。

みんなが彼女の虜となっていた。

 

2回目の「想いよひとつになれ」。

泣きながら、それでいて全力でコールをしていた。

彼女は楽譜も読めない状態から3ヶ月練習して、この場に臨んだらしい。

楽譜も読めなかった彼女。

それから3ヶ月後には横浜アリーナの1万を超える観客の前でピアノを披露しているのだ。

恐ろしいことである。

彼女たちが全力で頑張っているからこそ、私たちも全力でファンでいられるのだ。

これまでも、そしてこれからも。

 

ライブの終了間際にはTVアニメ2期決定とともに、「Aqours 2nd LoveLive!」の開催が発表された。

なんと、名古屋、神戸、埼玉で各2日のツアー公演だ。

これからの彼女たちの活躍に期待するほかない。